マイホームを購入するにあたって、どうしても必要になるのが予算つまりお金です。最終的には数千万円になるであろう費用をどうしかして集める必要があります。もちろんローンを組むことでそれを実現するのですが、その月々の返済だけでも数万円にはなりますし、それが20年や30年というふうに長く続いていきます。そこまで考えて計画するのは容易ではありませんが、可能であるならば、できるだけ頭金を多く支払い、その後の返済費用を少なくすることはできないだろうかと考えるのは良いことです。もちろん無理して貯金のほとんどをその費用にしてしまうと、貯金がなくなってしまうので、なにかの出費があったときには対応できないという事態にもなりかねません。そうなると、やはり頼りにしたいのは両親かもしれません。いずれは親の面倒を見る、同居することも視野に、少しのサポートを受けることができるように、話してみることができます。強力的な親であれば、金銭的にも助けてくれることでしょう。

カテゴリー: 未分類