私が注文住宅の一戸建てを購入したのは、28歳のときです。最初はアパート住まいでしたが、主人の実家が所有している田んぼを宅地造成して家を建てたら?と、話が持ち上がり、私たち夫婦は土地代無しで建物のみ(ローン35年の1500万円)の資金でマイホームが持てることに喜び、その話に飛びついてしまいました。先ずは、建物の外観を決め、その後に内装を決めました。土地は広かった(100坪)ため、平屋の住宅になりました。いざ、家が完成し、必要なものを揃えるためにホームセンター・家具・家電を見て回り、それだけでも50万近くかかりました。内装は散々迷って納得のいくものに仕上がったハズでしたが、実際住んでみるとなんか違う…と思うこともありますが、総合的には満足しています。ただ、1つ問題があったのは、主人の実家の土地だったため、自分たちの都合だけでは建てられず、しかも建てた場所が主人の実家から直線距離で200mほどで、実家が少し高台にあるため、建てたウチの家が丸見えということです。洗濯物が入れてなかったわよ?車無かったし、今日は出かけてたね。と、私の行動を把握しているようで、だんだん苦痛になり、主人に頼んで家の周りに塀を建ててもらいました。それだけでも気分的には全然変わりました。塀は、私の会社のツテで作ってもらったので、約8万円で済みました。家づくり、マイホームが持てると思った直後は、舞い上がってしまい、何とかなると思い先走り過ぎるので、一生ものの買い物なので、本当に建てても大丈夫か?実際に住む前に何度も通い、動線を考えたり、時間をかけてでも良く考えたら方が良いと思います。