住宅を持つことに関しては、よく鉄筋の集合住宅ともいわれるマンションがいいか、それとも都心の郊外にはなるが土地付きの一戸建てで自分で考えた家づくりの住まいがいいか問われるところです。筆者の場合は信州の片田舎の出身者ですので、やはり家を持つ、家づくりに関しては土地という概念が非常に強く、即ち、地に足のついた土地付きの戸建てのマイホームが良いかなと考えているところです。 実は、筆者自身は次男坊で現在は縁あって東京都内でサラリーマンをしていてますが、家に戻る必要もなく、このまま東京という都会ぐらしになってしまうことも覚悟していますし、其のために土地を購入する分程度は実家の親から財産分与ということで約束はされているのですが。 従って、数年も前から妻とも相談しながら首都圏ともいわれる都市郊外にでも土地を購入して小さいながらも自分たちの理想の家づくりを考えているのですが、未だ希望は達成していません。 だが、いずれ近い将来には土地付きの戸建ての新築住宅を木造で立てようとは思っていますし、家の広さや間取りは一階方式でも二階方式でもいいが3LDKか4LDKの間取りは必要かなと考えているのです。 勿論、土地はともかくも、家づくりに関しては今現在は金利も安い住宅ローンも利用しようと思っているのです。

カテゴリー: 未分類