もし、余力があるのでしたら、一戸建て住宅に太陽光発電の設備を入れておくのもいいのではないでしょうか。停電の時に役立ちますよ。ただし、「太陽光発電は余裕があれば設置してもいいんじゃない?」というものだと私は思っているわけです。自分が背伸びしすぎた大きな借金をしてまで、太陽光発電に投資するものではないと思っていますので。屋根が広いのならば太陽光発電の設置は考えてしまうものだと思うわけです。わが家にしても、太陽光発電は考えましたから。でも、台風の通過点になることが多い地域ですから、太陽光発電のパネルが吹き飛ばされてしまう(実際に夏場は近所でたまにある)ということを考えたら、ローンを組んでまでの太陽光発電に取り組めなかったのです。でも、先日の停電では太陽光発電のパネルを設置している家が停電の影響なく過ごしていたと聞いて、「いいなー!」と思いましたからね。やっぱり太陽光発電は魅力が多いとも感じてしまいました。ただお金に余裕がわるわけではないので、結局断念しましたが。

カテゴリー: 未分類